弓木伝来 白筍
千葉県の筍の生産量は首都圏一を誇り、大多喜町は、県内で最もタケノコの生産が盛んな土地柄です。
大多喜町は、モウソウ竹林が300ヘクタールにもおよぶ「竹の里」で、中でも土壌が酸性白土の弓木、平沢、川畑地区などで苦味、えぐ味ない良質な筍(たけのこ)を産すると古くから言われています。
私たち弓木地区では、かつて弓木筍生産組合という地区での組合がありました。苦味・えぐ味がなく、肉質が緻密でかつたいへん柔らかい、最高品質の筍として、市場関係者には知られていました。
主に、東京方面に出荷され、梱包される段ボールには「白筍」と印刷。出荷する私たち農家も、高品質な筍の出荷に努めていました。
品質の維持の難しさと生産者の高齢化に伴い、組合は約10年程前に解散されました。昨今、山には、猪や猿が増殖し、竹山を荒らしています。この鳥獣被害は、筍の生産の存続を危ぶませるほど大きいものです。
私は、何代にも渡りこの土地弓木に伝えられきた「白筍」、柔らかく・瑞々しく・香り高い筍の生産に、力を注いでいる者です。自分が食べても、これほど「うまい」と思える筍はないと思うからこそ、この灯を絶やすことなく受け継いでいきたいと思っています。
非常に適した土壌と竹山の管理、適期の収穫によって、お客様に満足していただける「白筍」をご提供したいと思っています。 
 次へ (土質と筍) お客様の声(筍編) 白筍のご注文  トップページへ
       
    〒298-0275 千葉県夷隅郡大多喜町弓木402  TEL&FAX 0470-80-7615
E-mail : fwkc9433@mb.infoweb.ne.jp